<   2012年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

紫陽花

e0134694_7431355.jpg



ご無沙汰ばかりでスミマセン・・



e0134694_7374048.jpg




こちらは月曜日が建国記念日のため、明日から3連休です。

それでは皆様、よい週末を♪

週始め、職場での話。
[PR]
by lovejub-m | 2012-06-30 10:12 | Lovely-Jubblyな日々

田舎の旅 イタリア・ピエモンテ②

e0134694_1203338.jpg



イタリア語で唯一言える数字、チンクエチェント
ルパン三世が乗ってた車、 チンクエチェント

この響きが妙にスキ☆


美味しいコーヒーで目覚めもバッチリ。
今日は一日のんびりと、カンディア・カナヴェーゼ(略してカンカナ)の町を探索してみようと思います^^

e0134694_13494294.jpg
e0134694_11122482.jpg



小さな街なので観光名所はないけれど、近代的な建物が1つもなくて思い描いてるままの田舎町。
ウロウロしてもほとんど人に会わない土曜日の昼下がり。
シエスタか?  

↑これがカンカナの電車の駅。
数日後、ここで私たちは泣きを見る。。



e0134694_11115293.jpg
e0134694_3143480.jpg




全てを写真に収めてはいないけれど、この街には壁絵の描かれた家が沢山ありました。
町が美術館みたいね〜。 
見慣れてる落書きアート(ストリートアート)とはぜーんぜんちがーう。
おばちゃん、落ち着く♡


すぐに1周してしまったので、隣町カルーゾにも行ってみようと歩き始めます。
夜に行くレストランもあるので、下見もかねて。


e0134694_1195581.jpg
e0134694_11104076.jpg



途中すごく後悔。
隣町って山越えしなきゃいけなかったよ。。 それも歩道のない曲がりくねった山の中の県道。

みなさん攻める攻める!

気持ちは分かるけどさぁ。 遠い目・・ 

でもあちらさんにしたら、こんな所を人が、それもアジアンが歩いてる方がびっくりですね。 
めんごめんご!


e0134694_13495462.jpg



左、カルーゾ  右、カンカナ
歩道のあるカルーゾの方がちと都会。
でも人がいない。まだシエスタ?  笑  

町の中心部と思しき所でキョロキョロするとアイスクリームの看板発見。

入ってみると、老若男女がいっぱいいました。(◎。◎)人、いたんだぁ。。

流しのタクシーなんかいるはずもなく、攻め車におびえながら帰りも徒歩。
それにしてもあの町に有名なレストランなんてあるのかしら・・・



e0134694_1111921.jpg


ありました。 




今日はよく歩いたのでお腹も減ってます。
まずは、右上の子牛肉のアミューズ。ペロッと一口で♡

前菜はタコとエビを軽くソテーしたもの。アワアワのせ。 
タコの柔らかさにカンドー@@

そして揚げ玉子。完璧なとろとろ加減だわ。


e0134694_1242019.jpg



プリモは2人とも同じ物を注文。 昨日と同じズッキー二と海老のタヤリンです。
上に乗ってるのは甘エビ♡ イタリアで甘エビが食べれるとは!! 
ここの生麺は玉子多め、ピラッと薄くてチキンラーメンっぽかったけど(笑)、味付けはバチっと決まってました。

セコンドはファッソーネ牛のランプ肉
焼き加減が絶妙〜♪ これぐらいレアっぽいの大好きです^^

もうひとつはピエモンテの郷土料理、フリッターの盛り合わせ
塩味のものと甘いものを組み合わせるのが特徴で、臓物、肉、野菜、フルーツ、アーモンド風味のカスタードも揚げてました。

やっぱり今日もこの時点でお腹いっぱい。
デザートはどうしよう・・と迷ってる時にペティフォーの盛り合わせと、このオレンジとコーヒーのグラニテが運ばれてきたのでエスプレッソを頼み終了。



そうそう、ここのレストランには2人の日本人シェフが修行しているそう。
帰りにキッチンをこそーーっと覗いたらいたよ! 笑
こんな辺鄙なところなのに・・  人がいないのに・・←こればっかり。 
フランスの星付きレストランにはどんな田舎でも必ず一人は日本人が修行しているという噂は聞いていたけど、イタリアのこんな田舎にまでね〜。

だから日本のレストランってレベルが高いんだぁ。 カナダ人がんばって!





また指紋の部分がひび割れてしまい、キーボードが押しづらいのでコメ欄は閉じておきます。。
それでは皆様、よい週末を♪
[PR]
by lovejub-m | 2012-06-23 06:00 | Lovely-Jubblyな日々

田舎の旅 イタリア・ピエモンテ①

e0134694_23192376.jpg



みなさんご無沙汰しております。
愛車ポルシェ(人力二輪)にまたがり、お金持ちの庭を見に出掛けたつもりが、気づいたらこぉ〜んなとこまで来てました。 

イタリア・ピエモンテ。

まぁ〜びっくり!w(◎。◎)w  

 
空港からまず始めに向かったのは、フランス国境に近いトリノから電車で1時間半程北へ行った田舎町、カンディア・カナヴェーゼ (Candia Canavese)。
どんな所なのか全く分かりませんが(多分なにもない)、美味しそうなレストランが数件あるのは確か。
観光なんて全く興味がないので、私にはそれで充分♡ ふふ



e0134694_2320216.jpg



今日から2日間、このバラに囲まれたホテルレストランに滞在します。
着いたのは遅い夕方ですが、夕飯までまだ時間があるのでホテルの周りをウロウロ。

そうだ! 花を撮らねば! (笑)


e0134694_7251881.jpg
e0134694_714251.jpg
e0134694_23213272.jpg


レストランを覗きにいったり、部屋のベランダに出てみたりと全く落ち着きのない私。(笑)

e0134694_23211410.jpg
e0134694_7315084.jpg



パチパチの後、荷物を片付けてたらもう8時半。
キャホー♪ ごはんの時間だわ♡  
このレストランは郷土料理を出してくれるんですって。 楽しみ〜♪ヽ(*^▽^*)ノ

今回はちゃんと写真に収めてきました^^


まずはアンテイパスト

左上:  Vitello Tonnato(ヴィテッロ・トンナート)
ピエモンテの代表的な前菜で薄切り子牛肉の上にツナマヨソースをかけたもの。
おっきなケッパーが乗ってます。
これ、バゲットに挟んだら美味しそう。はは!

右上:  Flan di verdura(フラン・ディ・ヴェルドゥーラ)
ズッキーニのフラン。
ソテーしたズッキーニ、新鮮なトマトで作ったソース、ズッキーニの花の詰め物が添えられてます。茶碗蒸しのように舌触りがよく、野菜それぞれの味がとてもしっかりとしてるのにびっくり@@ 

e0134694_23223491.jpg


プリモ

左中:  Agnolotti dal plin(アンニョロッティ・ダル・プリン)
ピエモンテの郷土料理で詰め物入りのパスタ、アンニョロッティ。ラビオリのようなものです。
この日の中身ってなんだったかなぁ・・ 笑
でも、あまりラビオリ系を好まないけど、ここのはパスタがモチモチで小さいのに肉汁もしっかり出てきてかなり美味しかった。@@

右中:  Tajarin(タヤリン)
ズッキーニと海老のタヤリン、セージバター風味
タリアテッレをピエモンテの方言でタヤリンって言うそうです。(これもピエモンテ名物)
北は手打ちパスタがうまいなぁ〜。
海老の味が薄かったのは残念だったけど、トロントでこのパスタが出てきたら唸ってるかも。


セコンド

左下: Stinco di maiale
豚のふくらはぎのスローロースト。北部のピエモンテ州ではよく食べるみたい。
こういうシンプルな肉料理大好きです!
食感は砂肝みたいだけど(笑)やっぱり動いてる部位は美味い♪

右下: bistecca 
ピエモンテのファッソーネ牛のステーキ、バルサミコ酢風味
ファッソーネ牛ってこの辺りでは有名なブランド牛みたいです。
しっかり肉のうまみのある赤身ってしみじみおいしい。
(キュー様も草食の肉はうまい!と唸っておられました。 笑)
このお肉でハンバーガ作ったら絶品だろうなぁ〜。


と、この流れだと次はドルチェなのですが、実は私、レストランでデザートは滅多に食べません。。
頼むとすれば旬のフルーツがぐらいかなぁ・・。スイーツを楽しみにしてくれてた方、すいません。。><
なのでこの日の〆はエスプレッソ。
やっぱり、普段飲んでるへなちょこエスプレッソと違って、本場のんは濃くて香りがいいな〜。


それでは皆様、これから暫くはイタリア旅行記が続きますが、お付き合いよろしくお願いします^^



にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
ランキングに参加してます。 ポチっとおねがいしま〜す^^
[PR]
by lovejub-m | 2012-06-19 10:12 | Lovely-Jubblyな日々 | Comments(27)

サツマイモ餡ローフ

e0134694_6173141.jpg




今回は折り込み1回で。

やっぱりこれが正解ですねー。
食べた感じもこちらの方がバランスがとれてるし、見た目もすっきり。
それになんといっても作るのがラク♪  ←とても大事


今回は、白黒ごま生地+芋ペースト+漉し餡です。
お芋だけにするとラインが見えにくいかな〜と下に餡も引いてみました。
この組合わせは牛乳とよく合う♡



e0134694_617816.jpg




残念なことに真ん中が凹んでます。>< 
どうにか隠せないものかと、色んな角度から撮ってみたけどダメでした。 ←すげー頑張った。笑
焼きがあまかったのか、フィリングが重いからか、、
よくわからないので、次は温度を落として焼き時間を長めで挑戦してみます。 
(折り込み熱はまだまだ冷めません。。) 



にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
ランキングに参加してます。 ポチっとおねがいしま〜す^^
[PR]
by lovejub-m | 2012-06-07 11:15 | Bread | Comments(16)

初夏の花

e0134694_0581269.jpg




ふと時間が空いたので、愛車ポルシェ(人力二輪)でお金持ちの家を見に行くことに。 
この季節、プロが手入れしているであろうガーデンには素敵な花々が咲きこぼれてるに違いないわ!


e0134694_23224061.jpg



途中、大通りの脇でふわふわ揺れてる紫のポンポンを発見。
よく見ると、小さな花が沢山集まって丸いボールのようになっててかわいい(>∀<))

日の当たり方が違うのか、ツボミから大きく花開いて散ってしまったものまでが並んで咲いているのがなんだかとても珍しく、通行人の視線も気にせずパチパチやってしまった。

↓カメラを持ってる時にハチを見かけるとつい追いかけてしまいません?  逃げられてるけど・・ 笑


e0134694_6584161.jpg
e0134694_23372242.jpg
e0134694_23375229.jpg



お金持ち街を目指してたのに無意識に休日の自転車コースを走ってて、気づいたら森の中に入ってしまった。。

ここから先は一人で行かないようきつく言われてるので回れ右。 
以前、道に迷って歩くのがやっとの急斜面のけもの道に入り込んでしまい
遭難しかけたことがあるんです。 怖かったぁー>< 
ここって結構町中なんですけどね。

あちらはまたの機会にいってきます!
[PR]
by lovejub-m | 2012-06-06 10:00 | Lovely-Jubblyな日々 | Comments(15)

桜餡ローフ

e0134694_657656.jpg




ツオップ 伊原シェフの「ぜったいに失敗しないパンづくり」の表紙を真似て。 

桜生地にこし餡を折り込んだ、切り分けていただく桜アンパンです。
花の塩漬けを刻み込んであるので、どこを食べても桜を感じられて丸いあんぱんより香りがいい!
ただ残念なことに、ホシノくんがちゃんと発酵してなかったようで、普段の倍以上の時間がかかってしまいました。(失敗したとも言う;;)
生種も、出来上がりはアルコール臭がして舌に刺激もあるので大丈夫だと思ったのだけど・・
念のため、次からは30時間は待つことにします。


仕切りなおすやつは、生地をほんのりピンク色にしたいなぁ。
季節お構いなし・・ 



e0134694_721824.jpg




最近よくマーブルパンを作ってますが、今更ですがやっと気づきました。

「折込は一回でいい」 ということに。


なんかみんなのと違うと思ってたんですよ。 やたらシマシマが多いな~っと。
どうも手順を読み間違えてたようです。。

この本の33ページ、手順10は別の生地のこと?
・・ですよね、きっと。
出来上がりを見る限り、一回折りだもん。 ←いまだによく分かってない><




e0134694_6582863.jpg






一日置いたホシノを使ったローフはいつも通りの時間内で出来上がりました。
これは友人キューちゃんにあげたやつ。
(皆様、あのおとぼけキューちゃんを憶えてらっしゃいますか?)
キューちゃん、このホシノパンがかなり気に入ったようで、自分でも焼きたいと言い出しまして・・・
何度かやり方を見せて、ホシノを渡して1週間後、美味しいパンが焼き上がったとのメールが届きました。


初めてなのにやるじゃん、キューちゃん!


直後、ホシノが全然足らないと追加メールを受け取った私に中に小さな疑問が。。
ほんとに1週間であの量が使いきれるだろうか・・


キューちゃん曰く、彼女のホシノは私のよりもっともっと元気がよかったと。
2時間で容器から溢れてきちゃった(@^▽^@)♪ って。 ←自慢げ


お察しの通りです。
起こした生種をすべて投入したそうな。 
そんな彼女はただいまラズベリー、ブラックベリー、ヨーグルトなどの自家製酵母に挑戦中。
私、カビ写メが貯まってきてます・・・ 教えた手前、やめろと言えない。。苦笑










 
[PR]
by lovejub-m | 2012-06-01 00:00 | Bread | Comments(23)